インフォメーションブログ

披露宴演出 ブログ

結婚式にゲストが酔いしれる贅沢な生演奏を

2017.07.24

こんにちは、プランナーの谷畑です。
お二人が結婚式場を決められる際、ココだけははずせない!というポイントはありますか?
お二人の想いがこもっているからこそ、こだわりたい!ゆずれない!!ものってありますよね。
その分、想いがカタチになったときには伝わる想いも強くなるのではないでしょうか?

いつでもどこでも音楽を!

結婚式にゲストが酔いしれる贅沢な生演奏を 小さなころから音楽に慣れ親しんできたお二人。学生時代はブラスバンドに所属、交響楽団での練習に明け暮れ、今でも様々なイベントで訪問演奏をされています。
音楽と共に苦楽を共にした仲間も多く、お二人にとって音楽は当たり前のようにそばにあるものでもあり、なくてはならない存在でした。
その想いはご結婚式でも。。。

ブラスバンドのサウンドが胸にしみる演出に

結婚式にゲストが酔いしれる贅沢な生演奏を お二人のご結婚式は、常に音楽が繋いだ絆の暖かさに包まれていました。
新郎新婦様の伴奏にのせ、新婦様のお父様の包み込むような歌声から始まり、ご新郎様が所属するブラスバンドの仲間からのお祝いの一曲。その仲間たちに新郎様・新婦様が加わり、総勢13名のアンサンブルに♪
ゲストの皆様も、迫力ある生演奏に優雅なひと時をお過ごしいただくことができました。

お二人とゲストを繋ぐ音楽の絆

結婚式にゲストが酔いしれる贅沢な生演奏を ご結婚式は今まで育ててくれた親御様や、お世話になったゲストの皆様に感謝の気持ちをお伝えするにはとっておきのタイミング!
「みんなにとにかく楽しく過ごしてもらう!」
「サプライズプレゼントがしたい」
「一人一人に手紙を書いて気持ちを伝える」
感謝の伝え方もそれぞれですが、今回は、お二人の想いをのせ、お二人を育んだ音楽でゲストの皆様に感謝の気持ちをお届けしました。

お二人がご披露宴をされた会場はラウンジスペース付の会場だったため、1 3 名の奏者が並んでも十分な広さが!
また、ラウンジと会場の間にはカーテンで間仕切ることができ、カーテンオープンと同時に始まる演奏は、まるでプライベート演奏会のようでした♪
会場をしっかりチェックできるブライダルフェアはコチラ> > >

結婚式にゲストが酔いしれる贅沢な生演奏を

関連記事

2017.12.12

新婦が妊婦でも結婚式はできる?気をつけたいポイントは

結婚式の準備は結婚が決まってから結婚式を挙げるまで、一般的に平均1年程度かかることが多く、「その間におめでた!」なんてことも。 今や結婚式をするカップルの「4組に1組」はマタニティウェディングと言われ、妊娠中の結婚式もそう珍しくはありません。 でも、体調が不安定な妊娠中の結婚式は何...

2017.12.05

結婚式の定番ファーストバイトの代わりに〇〇〇バイトはいかが!?

こんにちは、KIYOMIZUの藤田です。 結婚式の披露宴での王道演出といえば「ケーキカット」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 「結婚式だからとりあえずするもの」 「自分たちだけに注目されて少し恥ずかしい」 「何のためにするの?」 そんな思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか...

2017.12.02

新郎新婦がつけるロゼットとは?ゲストへのおもてなし活用術も

結婚式のオシャレアイテムとして人気の「ウェディングロゼット」をご存知ですか? 新郎新婦のドレスやタキシードに付けたり、ゲストの名札や席札として使ったりと大活躍! 手軽に自分たちらしい結婚式を演出できるのでとてもおすすめです。 今回はそんな「ウェディングロゼット」の使い方や作り方に...