インフォメーションブログ

Tips Wedding Lab

ブーケトスの代わり?変化する幸せおすそ分けの形

2017.10.06

ブーケトスの代わり?変化する幸せおすそ分けの形

昔からの結婚式の定番イベント「ブーケトス」
新婦様から投げられたブーケをキャッチした人は次の花嫁になれる、という独身女性ゲスト参加型の演出です。

しかし近年、このブーケトスが避けられるようになってきたのはご存知ですか?
そしてブーケトスに代わる色々な演出が出てきたのです!

幸せのおすそ分けなのに、なぜ避けられるようになってきたのか?代わりにどんなことをするのか?
ブーケトスの歴史とあわせてご紹介します。

ブーケトスの始まりは中世ヨーロッパ

ブーケトスの始まりは14世紀ごろのイギリスだと言われています。
当時はお二人の幸せにあやかりたいと、花嫁様が身に付けているものを得ようとする風習がありました。

しかしこれは“おすそ分”けではなく花嫁様から“取る”というもの。
教会から出てきた花嫁様のブーケや小物を引っ張り合いながら取っていたそうです。

挙式後の教会には人が殺到し、ドレスを引っ張られるなど、花嫁様にも危険が及んでいたようです。
そこで持っているブーケを投げてしまおうと、ブーケトスが始まりました。

流れは今でも受け継がれているので、教会式で挙式をした後にブーケトスがよく行われていますよね。

幸せを分けてほしい、自分も幸せになりたいという想いは昔も今も変わりませんが、あやかる方法としては昔はちょっと激しかったようです・・・。

ブーケトスに参加したくない3つの心理

以前は挙式の後に「未婚の女性の方は集まってくださーい!」と当たり前のようにブーケトスが行われていました。

しかしここ数年「ブーケトスは嫌だ」という声を聞くことが多くなっています。
主な理由は次の3つが考えられます。

単純に前に出るのが苦手
結婚式には多くのゲストが参加します。
知らない人も多くいる中で前に出るのは勇気がいること。元々人前が苦手な人ならなおさらです。

ブーケは欲しいけど目立ちたくない・・・。
内心自分の方に飛んで来ないよう祈っている人も少なくないのでは。

ガツガツしている感じが恥ずかしい
真剣にブーケを取りに行っている姿を見られるのが恥ずかしい。
そう思うのは年齢が気になるお年頃の独身女性です。

あまりガツガツとブーケを追いかけると「必死だな・・・」と思われそうで嫌だ、という声がよく聞こえてきます。

自分が独身だということを知られたくない
ブーケトスに参加するということは自分が独身だと公表すること。
多くの知らないゲストもいる中で、わざわざ独身であることをアピールしたくない・・・と考える人も多いようです。

前に出やすいようにと名前を呼ばれるケースもあります。
しかし、呼ばれることをさらし者にされているように感じる人も多いようです。
そんなつもりはなくても、独身であることを名指しで言われては良い気分にはなりませんね。

ブーケトスの代わり?変化する幸せおすそ分けの形

ブーケトスの代わりになるイベントに注目

ゲストが楽しく参加できるイベントがしたい、幸せのおすそ分けがしたいと考える新婦様必見!

最近ではブーケトスの代わりになって、ゲストが楽しく参加できるイベントが注目されています。

ブーケプルズ
これはブーケトスのくじ引き版。
参加する人数分のリボンがブーケにつけられ、1本だけしっかりと繋がっているリボンを引き当てた人にブーケをプレゼントするというものです。

参加者全員に平等にチャンスがあり、男性やお子様が混ざっての参加もしやすいイベントです。

ブーケに繋がっていないリボンには、チャームなどのちょっとしたおまけをつけることをオススメします。
ハズレ感がなくなり、参加者全員がハッピーな気持ちになれますね!

ブーケトスの代わり?変化する幸せおすそ分けの形

ブロッコリートス
その名の通り、ブーケに見立てたブロッコリーを投げます!
これは新郎様が男性ゲストに向けて行うイベントです。

確かにブロッコリーはブーケの形に似ていますよね。
そして房が沢山あるので、「子孫繁栄」「幸せが詰まっている」という意味もあります。

見事キャッチした人にはリボンをつけたマヨネーズを一緒にブロッコリーブーケをプレゼント!
笑いが起こりそうな楽しいイベントですね。

お菓子まき
ゲスト全員参加型イベントで、高いところから新郎新婦様がお菓子をまきます。

「菓子まき」は東海地方に古くからある風習。
新婦様の実家の2階や庭から、家の前に集まった近所の方へ向かってお菓子をまくというものです。

大人も子どもも、みんなが楽しく参加できますね♪

ブーケシェア
複数のミニブーケを1つにまとめて新婦様が持ち、それを特定のゲストにプレゼントします。

お見送りの時にさりげなく渡すことができるので、ゲストが周りの目を気にすることもありません。
嬉しいサプライズプレゼントですよね!

ハッピードラジェ
ハッピードラジェはちょっと特殊なイベントです。

あらかじめウエディングケーキにドラジェ(アーモンドを砂糖ペーストでコーディングしたお菓子)をしのばせておきます。
ウエディングケーキ入刀後にデザートとして配られたケーキの中に、ドラジェが入っていたら当たり!
当たった人は新郎新婦様からプレゼントがもらえるというものです。

ワクワク感も楽しめる、ゲスト全員参加型のイベントです。

プランナーに事前にご相談いただければ、絶対に当たってほしい!という人へドラジェ入りケーキを配ることもできますよ。

大切なのはゲストに喜んでもらうための心遣い

ブーケトスももちろん素敵なイベントです!
しかしゲストのことを考えると、違う形で気持ちを伝えることが必要な場合もあります。

大切なのは幸せのおすそ分けをしたいという気持ちと、ゲストに喜んでもらうための心遣い。
その想いが伝わるイベントを考えてみてくださいね!

何かしたいけどどんなことはしたらいいの?そんなときは是非プランナーへご相談ください。お二人の結婚式はどんなテーマは?お招きするゲストのお二人との関係性は?皆様が楽しめるような演出を一緒に考えていきましょう!

ブーケトスの代わり?変化する幸せおすそ分けの形

関連記事

2017.12.12

新婦が妊婦でも結婚式はできる?気をつけたいポイントは

結婚式の準備は結婚が決まってから結婚式を挙げるまで、一般的に平均1年程度かかることが多く、「その間におめでた!」なんてことも。 今や結婚式をするカップルの「4組に1組」はマタニティウェディングと言われ、妊娠中の結婚式もそう珍しくはありません。 でも、体調が不安定な妊娠中の結婚式は何...

2017.12.02

新郎新婦がつけるロゼットとは?ゲストへのおもてなし活用術も

結婚式のオシャレアイテムとして人気の「ウェディングロゼット」をご存知ですか? 新郎新婦のドレスやタキシードに付けたり、ゲストの名札や席札として使ったりと大活躍! 手軽に自分たちらしい結婚式を演出できるのでとてもおすすめです。 今回はそんな「ウェディングロゼット」の使い方や作り方に...

2017.11.16

結婚報告のタイミングとは?マナーや確認事項も要チェック!

結婚が決まったら周囲の方へ報告をしましょう。 親をはじめ親戚や友人、職場などに結婚報告をするわけですが、特に職場への結婚報告は社会人として大切なステップです。 結婚報告のタイミングとマナー 結婚の報告はどんなタイミングが良いのでしょうか? 結婚式をするのかしないのか、結婚式に招待...