ウェディングパーティレポート

TAKEHIRO & MOEKO

2017.01.22

“ おふたりの笑顔がゲストに思いを伝える ”
幸の日を思いきり楽しむことが感謝のメッセージとなるウエディングでした

TAKEHIRO & MOEKO
CEREMONY

デートでの清水寺の桜が思い出のおふたり。ずっと在り続ける思い出を願ってKiyomizuでの挙式を選ばれました。
母上様のベールダウンから父上様と腕を組んで入場、両家揃っての水合わせの儀と参列いただいた皆様に結婚を誓う人前式。
結婚指輪は幸せの四つ葉のクローバーが刻印されたハンドメイドのオリジナル。
挙式進行とアイテムにこだわりながらも、涙と笑顔に終始包まれるおふたりらしい挙式でした。

PHOTO

たくさんのアイテム作りはMOEKOさんの母上様もお手伝いを。
そんなあわただしい準備の中にあっても常に笑顔が印象的なおふたり。
挙式前はさすがに少し緊張気味でしたが、ゲストのお顔を見るといつもの温かな表情になられました。

PARTY

パーティ会場はおふたりが大好きなキャラクターでデコレート。
手作りアイテムはもちろん、スペシャリストと打合せしたフラワー&ケーキなどキュートな仕上がりに。
お色直しのエスコートはサプライズ指名、カラードレス入場はダンスを披露して輝くアイスキューブで各テーブルにご挨拶。
デザートブッフェをゲストと一緒に楽しんでと、にぎやかに盛り上がりました。

PARTY

TAKEHIROさんの足元にメッセージが。見えない部分にもふたりらしさのシャレた楽しみ方です。
大切なおもてなしのこだわりはお料理にも。
大好きなオムライスをシェフと相談して野菜餡の京風仕立てに、京鴨のローストなど京都の旬素材を贅沢なアレンジでお届け。
挙式からパーティーまでスタッフとのコンビネーションも素敵に叶った思い出深い挙式となりました。