インフォメーションブログ

結婚式準備

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

2019.01.06

結婚式より前にする婚約の儀式といえば「結納」
結婚をする両家が顔を合わせる特別な機会です。そんな「結納」ですが、最近では「顔合わせ食事会」というスタイルが主流になってきているよう。気になる今どきの「結納・顔合わせ」事情をご紹介!

「結納」の必要性は変化!「略式結納」が主流に

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! かつては仲人が両家を行き来し、結納品のやりとりをしていました(正式結納)が、近年結納をされる方は両家が一同に集まっての結納(略式結納)をする方がほどんどです。
最近では、仲人が両家の間を取り持ちお見合いをするよりも、自分たちで出会い・結婚するケースの方が増え、仲人となる人がいない。また、住宅事情に合わせ、結納品もコンパクトになりつつあるのも略式結納が増えている理由かもしれません。

結納よりも料亭・レストランでの「顔合わせ食事会」

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 顔合わせ食事会は、両家が集まり食事をしながら親睦を深めます。結納と同じく、本人と両家の親で行うのが一般的です。
形式ばっておらず、自由度も高いため、堅苦しい空気が苦手な人にオススメ。現代では実に8割近い方がこの顔合わせ食事会を選んでいます。
また、結納のように“結納金や結納品”の取り交わしをしないことも多く、費用が抑えられる点も人気のひとつのようです。

現在の結納スタイルはさまざま!必要性も家族で話し合おう

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流! 開催時期はいずれも挙式の5~7ヵ月前の吉日が一般的です。どの儀式を選ぶにしても、「結納・顔合わせ」はふたりが婚約したことを両家で確認する大切な儀式です。それぞれの特徴やメリットを理解し、両家の意向が一致することが大切です。
そのため、結納は必ずしなくてはいけないもの。というわけではなく、結納をする・しない。また、開催するのであればどんな形式で行うのかは、本人と両家の判断に任せられています。

最近では「顔合わせ食事会」が主流になってはいますが、本人・両家の意見が一致したもので執り行うのがベター。かつては一般的だった「正式結納」ですが、時代に沿って結婚式も結納スタイルも変化していきます。
このほか、京都の結婚式場『KIYOMIZU京都東山』では結婚式にまつわる様々な疑問にお答えいたします。お気軽にご相談ください。

「結納」は必要?現在の「結納・顔合わせ」はこれが主流!

STAFF
チーフプランナー 猪飼 莉沙

結婚式は1人では創れない。だからこそチーム全員が同じ想いであることを常に目指しています。 KIYOMIZUでしか創れない結婚式を提供する上で、お客様にとってもスタッフにとっても沢山の笑顔が溢れる幸せな環境を創ることが今の目標です!!!

関連記事

2019.05.22

結婚式の会場装飾は手作りの「ウェディングサイン」がおしゃれ!

海外ウェディング発祥のウェディングサイン。 海外ではゲストの方へ結婚式場の入り口や受付などに飾って場所をお知らせするアイテムですが、日本ではメインテーブルの側に飾ったり、フォトブースの一部に飾るなど独自の進化が見られます。 そんなウェディングサインを本日はご紹介していきます♪

2019.05.16

人前式で人気の演出アイデア「サンドセレモニー」がおしゃれ!

キリスト教式とは異なり、ゲストの皆様に愛を誓う人前式は式を行う場所や進行の内容など自由に決められるのが魅力の一つです。 その中でもここ最近人前式の演出の一つとして大人気の「サンドセレモニー」をご紹介いたします。

2019.05.13

結婚式の演出アイデア!「ドリンク」を使った個性的な楽しみ方

結婚式で行われる演出は、歌やダンスなどのパフォーマンスから、サプライズムービーなどの映像系など、様々ありますよね。 その中でも特にゲストの心に残りやすいと言われているのが「料理・ドリンク」の演出なんです。 今回は、ゲスト参加型からその後に美味しくいただける魅力あるドリンク演出を...

Wedding Lab

インフォメーション

ブログ

最新記事